2021年度公募 seeds-1662 - 【北海道・東北】 安心・安全・快適生活の向上を目指した再生機能を有するオーダーメイド抗ウイルス機能表面の研究開発
  • 素材
  • ケミカル
  • 新素材
  • 化学
VISIONビジョン

VISION

ビジョン

安心・安全・快適な生活を支える機能性材料~メンテナンスフリーの抗菌・抗ウイルス材料を実現したい

再生修復機能を有した抗菌・抗ウイルステキスタイル製品、コーティング剤

我々の研究グループではポリマーブラシ構築技術を用いて、金属、セラミクス、繊維などあらゆる物質と形状の表面にイオン性のポリマーブラシ(イオンブラシ)を安価かつ容易に付与し、ウイルスを不活性化できる表面の構築を進めています。ブラシの分子設計と合成及び実際のウイルスを用いた不活性評価によって最も不活化性能に優れるブラシ構造を選定し、ブラシの強靭性、耐久性の特徴を活かし、日常生活において年単位で抗ウイルス効果を保ち、洗濯耐久性を有し、無色透明のウイルス不活性化コーティング開発を進めています。また、我々が近年開発した ABA 型トリブロックポリマーを用いた表面偏析による表面に形成されるループブラシ(PCT/JP2018/008126)をウイルス不活化技術へ転用し,ループブラシの脱落などが生じた場合においても基材内部より新しいブラシが出現する不活化機能が再生可能な技術の開発を合わせて実施しています。

USE CASE

最終用途例

表面偏析技術を使った再生修復機構を組み込むことで、材料機能にメンテナンスフリーに

USE CASE 01高機能テキスタイル製品

APPLICATION

APPLICATION

再生修復機能を有した抗菌、抗ウイルステキスタイル製品

我々の開発するウイルス不活化コーティング技術は繊維やガラスなど材質を選ばず、種々の形状表面にウイルス不活化機能を付与出来るため、日常生活で触れるあらゆる物体界面で人→モノ→(ウイルス死滅、感染遮断)→人への感染サイクルを断つことが可能となります。ポリマーブラシの分子設計の多様性によりあらゆる種類のウイルスを不活化できる可能性が有り、且つポリマーブラシに再生機能を付与しているため、その機能を長期に保つことが期待出来ます。今後発生する未知のパンデミックを抑制できる新しいコーティング技術として、今後のウイルス等との共存社会を支える要の技術となるポテンシャルを秘めています。

STRENGTHS

強み

“一度コーティングを施せば、長期抗ウイルス効果の持続が可能”

STRENGTHS 01

コーティング表面がほかのもので覆われない限り、抗ウイルス効果は継続的持続可能

本申請研究におけるイオンブラシ(cIB)をコーティング材料として用いた手法では、5分で90%以上の不活化効果を示すこと、水洗浄やエタノール水溶液の拭き取り洗浄によって繰り返し不活化効果が得られることを確認しています。現在のこの測定方法では、ウイルス溶液中に様々な夾雑物が存在しており、実用条件で近い測定手法によっては瞬間的にウイルス不活化効果を示すことができる可能性を秘めています。

TECHNOLOGY

テクノロジー

あらゆる表面にコーティングが可能な技術

TECHNOLOGY 01

さまざまな材料表面に抗ウイルスコーティングが可能(材用表面へコーティング層を付与)

ガラス基板表面にコーティングしたイオンブラシでは、日常生活レベルの使用条件下で、コーティングがはがれることは確認できていません。故意に剥離させなければ継続的に抗ウイルス効果を維持します。

PRESENTATION

共同研究仮説

安心・安全・快適な生活を支えるコーティング技術の開発を一緒にしませんか?

共同研究仮説01

抗ウイルスコーティング(材用表面へコーティング層を付与)。抗ウイルスの再生修復機能を有したシート、フィルム、シール。抗菌、抗ウイルステキスタイル(再生修復機能を有した)製品

本開発したイオンブラシの抗ウイルス効果を持った繊維材料、高機能テキスタイル材料として実用化を目指したい

EVENT MOVIE

イベント動画

RESEARCHER

研究者

上條利夫 鶴岡工業高等専門学校 創造工学科 化学・生物コース
経歴

2019年4月 – 独立行政法人 国立高等専門学校機構 研究推進・産学連携本部員 

2018年4月 – 鶴岡工業高等専門学校 創造工学科 化学・生物コース 教授 

2014年7月 – 鶴岡工業高等専門学校 物質工学科 准教授 

2012年7月 – 鶴岡工業高等専門学校 総合科学科 講師 

2010年4月 – 鶴岡工業高等専門学校 総合科学科 助教 

2009年4月 – 東北大学多元物質科学研究所 栗原研究室 博士研究員

【受賞歴】

2018年 第28回 日本MRS年次大会 奨励賞 

2017年 第16回 山形県科学技術奨励賞 

2017年 第16回 インテリジェント・コスモス奨励賞

研究者からのメッセージ

これからの脅威に備えた安心・安全・快適な日常生活を送れるための技術開発に取り組みます。

抗ウイルス機能と自己修復機能を組み合わせた高機能テキスタイル材料を作製し,現在のコロナ禍,またこれから発生するウイルスの脅威に対抗して安心・安全な生活を少しでも支えるようにしたいです。