2022.02.25  Fri 「官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)」研究シーズマッチングイベントの開催について(2022年3月)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、実用化に向けた目的志向型の創造的な基礎又は応用研究を行う大学等に所属する若手研究者を発掘・支援する、「官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)」を2020年度に開始しました。

本事業の取り組みの一環として、若手研究者と企業との共同研究等の形成を促進するなど、研究開発テーマの実用化に向けたマッチング支援を実施しています。

 

この度、若手研究者と企業との共同研究等の形成に向け、研究者が技術や研究内容を直接ご紹介する『研究シーズマッチングイベント』をオンラインにて開催します。本イベントは、以下の3日程で開催予定です。

 

【開催日時】

 3月18日(金) 12時半~17時(予定)

 3月25日(金) 12時半~17時(予定)

 3月30日(水) 12時半~17時(予定)

 

 ※本サイトに掲載されている研究シーズから研究者が登壇いたします。

 ※当日は、研究者の質疑応答や事前面談予約なども予定しております。

 

開催テーマや登壇者等に関する詳細情報は、今後本HP等で順次発信いたします。

 

当該イベントへの参加登録をご希望される方は、以下のフォームにてよろしくお願いいたします。

 

【登録フォーム】

▼TECH PLAY
https://techplay.jp/event/851198
▼Peatix
https://eiicon-nedo-matching.peatix.com/

 

【開催テーマ・登壇研究者】

開催テーマや登壇者は以下を予定しております。(発表時間:質疑を含み約15分/研究者)

 

(以下、敬称略)

 

■ 3月18日(金)の発表研究

1.酸化ガリウムを低コストで成膜する技術で、従来のワイドバンドギャップ半導体を超えるパワーデバイスを実現(京都工芸繊維大学 西中浩之)
2.次世代モビリティの電動化システムにおける電気絶縁技術の高度化(兵庫県立大学 菊池祐介 )
3.ペプチド自動合成を活用した合金触媒の超並列探索技術の開発(東京工業大学 今岡享稔)
4.金属イオン照射による二次元オーバーレイヤー触媒の創製(熊本大学 芳田嘉志)
5.低エネルギー損失かつ高出力密度の高性能モーターを実現する、 純鉄粉末の組織制御技術の開発(九州工業大学 本塚智、名古屋工業大学 佐藤尚)
6.複合極限環境における革新的な試験技術の創出(名古屋大学 土屋雄司、東京大学 小濱芳允)
7.microLED実装の低コスト化(大阪大学 川合健太郎)
8.あらゆるナノ材料をマイクロ配線化する高速レーザー描画プロセス(山形大学 西山宏昭)
9.音響収束によるマイクロプラスチックの高濃度濃縮回収・分析システムの開発(信州大学 秋山佳丈)
10.花粉触媒昆虫の減少や農家の人手不足の代替手段としての「全自動花粉交配技術」の開発(北陸先端科学技術大学院大学 都英次郎)
11.環境にフレンドリーな乳化剤を指向したコーヒー粕由来セルロースナノファイバーの開発及び物性評価(横浜国立大学 川村出)
12.植物バイオマスから環境調和型プロセスでつくるリグニン素材(京都大学 西村裕志)
13.バイオマス関連テクノロジーを革新する有用微生物の濃縮技術の開発(大阪府立大学 床波志保)

 

■ 3月25日(金)の発表研究

1.高信頼・低損失パワー半導体モジュールを実現するナノコンポジット封止絶縁技術の開発(名古屋大学 栗本宗明、豊橋技術科学大学 川島朋裕)
2.窒素・ホウ素コドープ技術を用いた、低コストかつ安定な低抵抗4H-SiC単結晶成長技術(産業技術総合研究所 江藤数馬)
3.低原子価チタン化合物を用いたアルコールのC-OH結合ホモリシス法の開発 (金沢大学 菅拓也)
4.急速充放電を可能とする次世代型リチウム二次電池の実用化に向けた高リチウム伝導性液体電解質の開発 (横浜国立大学 上野和英)
5.メカニカルメタマテリアルによる振動抑制を可能とする超軽量構造の研究開発 (宇宙航空研究開発機構 津島夏輝、東京大学 樋口諒)
6.AIによるレーザー加熱の最適制御技術を活用した、セラミックス複合材料(CMC)の超高温高速熱疲労試験法の確立 (東京工科大学 大久保友雅)
7.装着感がなく、かつ、生活環境下で連続計測が可能な爪装着型ウェアラブルデバイスの実証実験及び製品化 (香川高等専門学校 石井耕平)
8.光通信機器等への活用を想定した、安価に高速光振幅・位相波形測定を可能とする光計測デバイスの開発 (東京都立大学 坂本高秀)
9.小型ドローンの安全性向上等への応用を想定した、小型・軽量・高感度な風速・風向センサの研究開発 (慶應義塾大学 高橋英俊)
10.複合イメージセンシングを利用した、オンデバイス教師なし学習型 AI 外観検査ソリューションの研究開発 (東京大学 小菅敦丈)
11.遺伝子改変技術を活用した、デンプンの代わりに機能性多糖類を蓄積する高付加価値オオムギの開発 (岡山大学 久野裕)
12.低分子化合物-RNA相互作用の迅速スクリーニング法とAIを活用した相互作用予測モデル構築 (大阪大学 村田亜沙子)
13.ファインバブル“超”発生技術の開発と応用 (山形大学 幕田寿典)
14.イメージセンサと磁気光学材料を活用し、小型の高速物理(真性)乱数生成器を実現 (東京工業高等専門学校 水戸慎一郎)

 

■ 3月30日(水)の発表研究

1.3Dプリンタの製造性と、最適な部材の自動設計(トポロジー最適化)の両方を実現するシステムの開発 (東京大学 山田崇恭、大阪産業技術研究所 三木隆生
2.表面ドーピングによるステンレス鋼水電解電極高耐食化のための基盤技術開発 (東北大学大学院 轟直人)
3.メンテフリー&ワイヤレスなIoTセンサの実現を目指して。 振動発電デバイス向け磁性材料と厚膜形成技術を開発 (横浜国立大学 大竹充
4.複雑形状セラミックス部材の低コスト・低環境負荷3次元光造形技術の開発 (横浜国立大学 飯島志行)
5.光を用いた交流磁界トモグラフィー装置の研究開発 (高知工科大学 田上周路)
6.リアルタイム画像認識技術と大学内の5G通信環境を活用した、視覚障がい者の歩行を支援する装着型デバイスと通信システムの開発 (九州工業大学 河野英昭)
7.鍵管理の必要ない低コスト高セキュリティ認証システムの開発 (東京理科大学 入山聖史)
8.次世代伝導ノイズ規格を満足するノイズフィルタレス力率改善回路の開発 (長岡技術科学大学 日下佳祐)
9.産業用モータ駆動インバータの高信頼化に資するセンサレス寿命診断システムの開発 (九州工業大学 長谷川一徳)
10.より短時間での植物品種改良が可能になる、ゲノム編集酵素遺伝子の挿入が不要なゲノム編集技術の開発 (鳥取大学 岩崎崇)
11.老舗醸造蔵に宿る蔵付微生物バンクを基盤とするスーパー乳酸菌の発見と高機能味噌の開発 (信州大学 下里剛士)
12.メタン発酵微生物群集の選択的保持が可能な嫌気性処理用担体の開発 (長岡技術科学大学 幡本将史)
13.フレキシブルμLEDディスプレイ製造においてμLEDと基板の接合を必要としない革新的集積工程を開発 (東北大学 福島誉史)
14.ウェアラブルデバイス等に活用できる、軽量かつ柔軟性のある有機電子デバイスの「簡便作製」の実現 (金沢大学 中野正浩)

 

本件に関するお問い合わせがございましたら、以下までお願い致します。

「官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)」 イベント事務局

 jp_cons_nedo-wakasapo-mbx@pwc.com

 

 

※個人情報について

 取得した個人情報は、本イベントの適切な運営の目的以外で利用することはございません。ご本人の同意がなければ、第三者に個人情報を提供することはありません。

 

 

 

SHARE ON